So-net無料ブログ作成
検索選択

電力自由化?電力小売り業者をどう選ぶ!<比較> [情報]

いよいよ2016年4月1日から電力小売りの全面自由化が始まりますね。
これにより各個人が自由に電力会社を選ぶことができるようになります。


電力自由化とは?


これまで電力の供給は、各地域の電力会社だけが販売していました。

今回の自由化で、規制が無くなり通常の電力会社だけではなく、別の事業者も電気を販売できるようになります。

これにより、これまで独占販売で市場原理が働かなかった電力サービスに「サービスの多様化・コスト低減」各人に合ったサービスの選択ができるようになるようです。


電気には【発電・送電・配電・小売】があります。

今までは電力会社がそれらを一括で引き受けていましたが、今回の自由化で【送電配電】が分離独立します。

今回、新規参入が認められたのは【発電・小売】の部分であり、送電と配電は今まで通りのようです。

つまり、発電会社が送電と配電のサービスを平等に利用できるということになります。


ですが・・・
新電力会社の参入を促すためには、既存の電力会社の電線をレンタルしないといけませんが、そのレンタル料(託送料金)をめぐっていろんな論争があるようですよ。


沖縄電力や北陸電力、中国電力の3つの一般電気事業者が、「託送料金」を経産省に申請したそうですよ。


では・・・
託送料金】って何なのか?

簡単に言えば送電線を借りることなのですが、沖縄電力は「託送料金」を割高に設定しているようです。

東北電力は9.76円/KWh

北陸電力は8.08円/KWh

中国電力は8.45円/KWh

関西電力は7.86円/KWh

沖縄電力は11.50円/KWh

15%~約30%も高い!(>_<)


これって・・・
PPSが電力事業に参入しにくくなるのでは!?


そこで・・・
電線を独占させないように、既存の電力会社の発電部門と送電部門を切り離してしまおう!という流れで国が動いているようですよ。


送電用の別会社と既存の電力会社が完全に独立してしまえば、送電会社は沖縄電力に電線を貸そうが、PPSに貸そうが自由になるということです。


でも・・・
沖縄本島と九州との間に送電網が存在しないという事情もあり、沖縄エリアでは電力自由化が間近に迫った現時点でも、地元の沖縄電力が電力事業を行う唯一の企業となっています。

全国展開を行っている各電力会社でも沖縄エリアだけは対象外としており、残念ながら選択の余地がないようです。

沖縄電力は4月以降も現行の料金プランを継続するようで、沖縄は全国でも珍しい競争が発生しないエリアとなっているのが現状です。(>_<)



沖縄電力エリアで電力供給サービスを提供している新電力事業者(PPS)の一覧です。


・株式会社エネット
 供給力 990,300MWh

・丸紅株式会社
 供給力 215,444MWh

・日本ロジテック協同組合
 供給力 118,416MWh

・サミットエナジー株式会社
 供給力 84,595MWh

パナソニック株式会社
 供給力 25,988MWh

・ワタミファーム&エナジー株式会社
 供給力 600MWh

・株式会社新出光
 供給力 504MWh

・株式会社洸陽電気
 供給力 120MWh

新電力事業者として申請しているがまだ供給実績がない事業者一覧です。

・株式会社ラフ
・リエス株式会社
・株式会社エンブレム
・KATO・ホールディングスコーポレーション株式会社
・ルミナエナジー株式会社
東京新電力株式会社
・株式会社Kエナジー
・一般社団法人徳島地域エネルギー
・株式会社アップルツリー
・JAG国際エナジー株式会社
・新エネルギー開発株式会社
・合資会社アラカキ
・株式会社NTTスマイルエナジー
・株式会社ジエイテム
・株式会社バランスハーツ
・株式会社永輝商事
・パワーシェアリング株式会社
・株式会社CO2O
・インリー・グリーンエナジージャパン株式会社
・株式会社エーエルイー
ライフ空調システム株式会社
・株式会社ダイテック
・株式会社ソーラークリエート
・株式会社RecoD
・プロスペックホールディングス株式会社
・株式会社新昭和
・株式会社モア・アース
・株式会社ネクスト
・トータルソリューション株式会社
・株式会社エコフレンズ
・FOUR・SE株式会社
・ユニサンジャパン株式会社
・山本商事株式会社
奈良総合リサイクルセンター株式会社
・エコライフ株式会社
・日本環境エネシステム株式会社
・株式会社スマートパワーシステム
・エネックス株式会社
・株式会社サンベイズ
・パシフィックパワー株式会社



新規参入企業に期待したいところですね~(^0_0^)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX金融資産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。