So-net無料ブログ作成

【初耳学】 満腹ホルモンを減少させる? 太る理由とは? [情報]

豆電球で寝ると太りやすい!

真っ暗と比べて○○倍も!

睡眠中にわずかな明るさにより満腹ホルモンの分泌量が減少し食欲に影響を及ぼすことも!

レプチンが減少し満腹感を感じにくくなり食べ過ぎて太るそうですよ。

豆電球だけではなく証明を付けっぱなしで寝たり、テレビをつけたまま寝る事も満腹ホルモンを減少させるようです。

528人の睡眠時の明るさ測定(研究結果)で報告されたようです。

この論文で報告されている驚きの数字が!!

真っ暗の中で寝ている人に比べて、豆電球程度の明るさで寝ている人では肥満の割合が1.9倍であることがわかりました。

驚きですね。

就寝中に多少の明りで満腹ホルモンの分泌量が減少し、太りやすい体質に変化しているとは!!

気を付けなければいけませんね。・・・(>_<)

実は私もテレビをつけたまま寝ることがあります。太ってはいませんが!食欲はあります。

私も満腹ホルモンが減少しているのでは??=^_^=

しんぱいだ~(^0_0^)

ちなみに、レプチンは睡眠時間が短い人ほど減るという研究結果も出ているようですよ。

明るさで眠りが浅くなっても睡眠時間が短くても、レプチンが減少して太りやすくなるんですって!

みなさん知っていましたか?初耳学[目]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX金融資産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。